2022.09.16 お知らせ

投資先であるオーバース社の新規アイドルグループ創造プロジェクトの総合プロデューサーに秋元 康氏が就任

株式会社東京通信(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:古屋 佑樹、証券コード:7359、以下、当社)の投資先である株式会社オーバース(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 義仁、以下オーバース)が準備している新規アイドルグループ創造プロジェクトの総合プロデューサーとして、秋元 康氏の就任が決定しましたのでお知らせいたします。

1.本件の内容及び経緯
当社は、2022年5月にメタバース事業への参入を決定し、自社が展開するコンテンツをバーチャル体験に変換し、立体的で臨場感のある世界観をメタバースにて構築することで、当社独自のWeb3.0(「分散型インターネット」と称される次世代のインターネットのこと)の経済圏を確立したいと考えております。
そこで、当社は、構想の1つである「アイドル×メタバース」の展開の足掛かりとし、「ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」をミッションとした新しいアイドルグループの創造を目指すオーバースへの出資を実行しておりましたが、この度、オーバースが準備している新規アイドルグループ創造プロジェクトの総合プロデューサーとして、秋元 康氏の就任が決定しました。
今後、当社はこれまで培ってきたファンビジネスの企画運営ノウハウの活用、並びにデジタルグッズ販売の運営支援などを行ってまいります。

詳細に関しては、オーバースの会社ホームページをご確認ください。
オーバース 会社ホームページ:https://overse.co.jp/

2.出資先概要

(1)名称株式会社オーバース
(2)所在地東京都千代田区
(3)代表者代表取締役社長 佐藤 義仁
(4)事業内容エンターテイメントコンテンツの企画、制作、開発
(5)資本金等7,000万円(資本準備金含む)
(6)設立年月2022年3月
(7)出資額・出資比率先方の意向を踏まえ非開示とさせていただきます。

3.今後の見通し
本件による2022年12月期の当社連結業績への影響は軽微であると見込んでおりますが、今後、公表すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします。

東京通信について

当社は経営理念に『Digital Well-Being』を掲げ、それを“デジタルを通して得られる安らぎ”と定義し、「楽しむ(Enjoy)」「繋げる(Connect)」「体験する(Experience)」という価値観のもと、既存事業の拡大と新規事業開発へ取り組んでおります。
世界を代表するデジタルビジネス・コングロマリットを目指し、事業創造及び戦略投資を推進、事業ポートフォリオの拡大を図ります。

【会社概要】
代表者  代表取締役社長CEO 古屋佑樹
所在地  〒106-0032 東京都港区六本木3丁目2-1 住友不動産六本木グランドタワー 22階
資本金  471百万円

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
https://tokyo-tsushin.com/inquiry/